ベジセーフで食の安全性を高めたい。お母さんたちの願い。

ベジセーフで食の安全性を高めたい。ベジセーフで農薬や有害物質を除去することで安全性を高めるということ。

ベジセーフで野菜や果物の安全性を高める

日本の農産物に対する不安が高まる中、多くのお母さんたちが食の安全性を高めるということについて真剣に考え始めています。

そんなお母さんたちの間で農薬から放射性物質まで除去できる野菜洗いとしてベジセーフに関心が集まっています。

 

⇒ベジセーフとは

 
家族の健康を、とりわけ小さい子供がいるお母さんたちを不安にさせる食の問題は次の通り。

 

① 輸入食品の残留農薬問題

輸入食品の中には日本では使用されていない農薬や添加物が使われていたり、基準値をはるかに超える農薬が使用されているかもしれないという不安。

 

② 中国冷凍食品の報道

中国冷凍ギョーザに意図的に殺虫剤が入れられていたという悪質な事件報道がかつあったことから、「中国の加工品は怖い、だから中国産は怖い』というイメージが定着。

 

③ ポストハーベスト問題

海外から野菜や果物が輸送される際、カビや害虫の発生を防ぐために、収穫後に使用される食品添加物のこと。品質を保つために仕方がないとはいえ、通常の農薬よりも残留性が高いといわれています。

 

ここまでは、海外から輸入される農作物に対する不安であるので、輸入品は使わないって決めちゃえばよいわけですが、国産の農作物も油断できませんよね。


④ 無農薬野菜や有機野菜が信じられない

日本の基準で使用が認められている農薬を使っても「有機栽培」って表示できることや、前年度まで農薬が使われていた畑で栽培していても栽培期間中に農薬を使用しなければ「無農薬」と表示できるなど、完全な無農薬であるかということへの不信も不安につながっています。

 

⑤ 残留農薬問題
日本では使用できる農薬や残留農薬に対して厳しい基準があるものの、スーパーに並べられる品質や生産量を維持するためには農薬は欠かせません。
特に日本の高温多湿の気候では害虫が発生しやすく、また人手不足も加わって、農薬の使用量は世界でもトップレベルといわれています。


放射性物質や大気汚染の問題

PM2.5などの飛来や放射性物質もまたお母さんたちにとっては不安要素です。


このようにお母さんたちが直面している食の問題は今すぐに改善されるものではありません。


そのため食の安全性を高めるためにも、家庭の中で何らかの対策を立てなければならないというのが現状です。


そこで、農薬から放射性物質まで除去するというこのベジセーフに関心が集まるのも当然のことだと思います。

食の安全性を高める野菜洗いのための専用水、ベジセーフを一度チェックしてみてくださいね。