ベジセーフで食の安全性を高めたい。お母さんたちの願い。

ベジセーフで食の安全性を高めたい。ベジセーフで農薬や有害物質を除去することで安全性を高めるということ。

農薬から放射性物質まで。

農薬から放射性物質まで除去できる野菜洗いとして期待が高まっている
ベジセーフですが、その仕組みについて知りたいですよね。

 

ベジセーフは洗剤ではなく、あくまでも野菜を洗うための専用水。

99.9%が純水のほぼ水に近いアルカリ水素水なんです。

 

ベジセーフの中のマイナスイオンが、プラスイオンの農薬や有害物質にくっつくことにより、マイナスイオン同士が反発しあうことで汚れをはがし落とすんですね。

 

だから、ごしごしとこすらなくても素早く汚れを落とすことができるんです。


また、このアルカリ性水のPHの中では、o-157サルモネラ菌大腸菌は生存できないためベジセーフは食中毒対策にもなるのです。


アルカリ性水ってただの水じゃないのでは?と心配される方もいるとおもいますが、

ベジセーフに使用されているのは炭酸カリウム

 

豆腐やこんにゃく、麺などの冠水など日常よく使われる指定添加物なので
赤ちゃんがなめても安全な水というわけなんです。

 

⇒ベジセーフの公式サイトへ

 

【PR】 ベジセーフの危険性の真実とは?